読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまで年齢に抗えるか戦う

アラフォー独身、天涯孤独、引きこもりのメンヘラBBAのつぶやきです。

恩師⑦ 感謝と尊敬

Aさんが本店から去り、新しい店長と私は馴染めなかった。根っからの人見知り+どうしてもAさんと比べてしまって、馴染まなかったと言った方が正しいかもしれない。

f:id:syachou-NEKO:20161031222637j:plain

私は業務中はなるべくAさんのことは考えないようにしていたが、1人部屋に帰ると泣いてばかりいた。心にAさんがいるってわかっていても、やっぱり淋しかった。

そんなとき、新しい店長が上層部へ私のクレームを入れた。

社長の奥さんが私に準社員降格を告げに来た。

信じられなかった。パートさん達も店長より私を頼りにしてくれていたのに、上には逆らえる訳がない。

私は退職を考えはじめた。

f:id:syachou-NEKO:20161031223538j:plain


Aさんから連絡があったのはその頃だ。

Aさんは上層部に怒り心頭だった。

『お前が降格なんて絶対あり得ない』一緒に泣いてくれた。

『お前はどこでも通用する。俺が育てたんだから間違いない。だからこんな会社辞めろ』

Aさんに背中を押された。

私は退職を決めた。

f:id:syachou-NEKO:20161031223929j:plain


パートさん達が送別会を開いてくれた。たった2年弱しか在籍していなかったのに凄く嬉しかった。

一次会は居酒屋で晩ご飯、二次会はカラオケ店へ行った。

私は最後に山口百恵サヨナラの向こう側を歌った。

すると、普段は一番厳しかったパートさんがうっすら涙を浮かべていた。一番仲の良かったパートさんは号泣していた。

私もつられて号泣した。

Aさんだけじゃない。パートさん達にも恵まれていた。本当に本当に感謝している。

一番仲の良かったパートさんは、今でも年賀状のやり取りが続いている。

f:id:syachou-NEKO:20161031224709j:plain


私は地元に戻り、Aさんのツテでバイトが決まった。Aさんは中途採用で、元々は大手のスーパーのバイヤーだったそうだ。


あれからもう15年くらい経つ。

私の心には、まだAさんがいる。

一生大好きで、一生一番尊敬する人だ。

Aさんは、本店のある地域に戻り、上層部の人間になったと風の噂で聞いた。

Aさんの心に私は少しでも残っているかな❓

Aさんと過ごした1年半は私の貴重な財産。

たぶんこの先もずっと私の一番好きな人で、尊敬する人だ。

f:id:syachou-NEKO:20161031225553j:plain