読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまで年齢に抗えるか戦う

アラフォー独身、天涯孤独、引きこもりのメンヘラBBAのつぶやきです。

最低の元彼③ 『彼女がいるから』

元に戻れるかもしれないと希望を捨てないでいたある日、元彼から最後通告があった。

『俺も前に進めないから、これ、持って帰ってくれる❓』お泊まりセットを差し出された。

私は彼女ではない。黙って従うしかなかった。

f:id:syachou-NEKO:20161103173228j:plain


夜勤のバイトをしていたので、バイト終わりに直接、元彼宅へ向かった。納得がいかなかったからだ。

突然前に進めないとか言われても、奥さんのことが忘れられないんじゃなかったの❓

聞きたいことがいっぱいあった。

元彼宅へ着いたら、元彼の駐車場に明らかに女の車が停まっていた。

元彼の車はその近くに路駐していた。

頭のなかがぐちゃぐちゃになった。

鬼メール。返信は1回だけ。

『彼女がいるから』f:id:syachou-NEKO:20161103174009j:plain

頭が真っ白になった。

昨日、前に進めないからと言ってた人が、次の日に彼女を連れ込んでる❓

私は奥さんと彼女と三股をかけられていたことに気がついた。

惨めだった。妹宅へことの顛末を話しに行った。

誰かに話さないと、どうにかなりそうだった。

妹に話しても絶望のどん底からは這い上がれなかった。

妹宅はマンションの4階だ。

1階に商業施設が入っているので、普通の4階より高い。

自暴自棄になっていた私は、妹宅から飛び降りると騒ぎ出し、自殺企図の恐れで強制入院となった。

f:id:syachou-NEKO:20161103174553j:plain


もう4年が経つ。私は男性と交際するのが怖くなった。

許すとか許せないとか、そういう気持ちはない。

自分がバカだった。それだけだ。

ただ一つだけ嬉しかったのは、元彼も持っている資格を私も取得できて、私の方が点数が上だったことだ。私、小さいなぁw

その取得を活かして、いつか社会復帰をしようと思う。

f:id:syachou-NEKO:20161103175129j:plain

焦らずゆっくり、いい人が現れたら、交際するのもいいかもしれない。